株式会社シグナルアナリシス signalanalysis  

最近の活動 What’s new

2018年7月
Elsevierの出版するNeuroImage誌に論文: "Evaluation of a dual signal subspace projection algorithm in magnetoencephalographic recordings from patients with intractable epilepsy and vagus nerve stimulators” を投稿しています. タイトルをクリックすると論文のrevised versionのpreprint を閲覧できます.
2018年7月
Elsevierの出版するNeuroImage誌に論文: "Hierarchical multiscale Bayesian algorithm for robust MEG/EEG source reconstruction” が受理されました.
タイトルをクリックすると論文のpreprintを閲覧できます.
2018年4月
Hindawi Publishingの出版するopen access journal, Journal of Helthcare Engineering誌に論文"Signal space separation method for a biomagnetic sensor array arranged on a flat plane for magnetocardiographic applications: A computer simulation study"を 発表しました.論文はhttps://www.hindawi.com/journals/jhe/2018/7689589/からダウンロード出来ます.この論文には誤植が2箇所あり,誤り訂正表がここからダウンロード出来ます.
2018年4月
英国物理学会(IOP)の出版するJournal of Neural Engineering誌に論文: "Beamspace dual signal space projection (bDSSP): a method for selective detection of deep sources in MEG measurements” を発表しました.
タイトルをクリックすると論文のPDFを閲覧できます.
2017年8月
英国物理学会(IOP)の出版するJournal of Neural Engineering誌に論文: "Subspace-based interference removal methods for a multichannel biomagnetic sensor array” を発表しました.
タイトルをクリックすると論文のPDFを閲覧できます.
2017年5月
代表者を含む東京医科歯科大学の研究チームがScientific Report誌に論文"Magnetospinography visualizes electrophysiological activity in the cervical spinal cord"を 発表しました.
論文はhttps:www.nature.com/articles/s41598-017-02406-8/からダウンロード出来ます.
2017年5月
仙台市で行われた生体磁気学会(Biomag2017_Sendai)に3件の発表を行いました.
演題名をクリックするとポスターのpdfファイルを閲覧できます.
*発表演題
"(1) Beamspace dual signal subspace projection (bDSSP): A method for separating deep brain activities from superficial brain activities"
"(2) Environmental noise cancellation for room-temperature magneto-resistive (MR) sensor arrays"
"(3) Signal space separation (SSS) method for flat sensor arrays: Computer simulation study"

経歴

代表取締役 関原 謙介
代表取締役 関原 謙介 Kensuke Sekihara

日立製作所中央研究所主任研究員、首都大学東京システムデザイン学部教授を経て、現在、首都大学東京名誉教授。 東京医科歯科大学、先端技術医療応用学講座特任教授。 株式会社シグナルアナリシス代表取締役。

事業内容

生体機能の計測・可視化のためのアルゴリズム開発
信号源推定とイメージング(source localization and imaging)アルゴリズムの開発
artifactsおよびinterference除去アルゴリズムの開発
denoisingアルゴリズムの開発
脳活動ネットワークの計測・推定のためのアルゴリズム開発

ページの先頭へ